うちうみ
内海日和(政治経済学部2年)

内海日和(政治経済学部2年)

早スポのこと

きっかけ

私が早スポを知ったのは高校生の頃。元からスポーツを見ることが大好きだった私は、他に気になるサークルもなく、趣味の延長としてなんとなく早スポに入りました。せっかくの大学生活だから兼サーして華々しい大学生活を楽しむぞと思っていたのですが、いつのまにか新歓期は過ぎ、私はアルバイトにいそしむ日々。

取材のこと

 そんな中、ひょっこり取材に顔を出してみると私の大学生活が変化します。取材で先輩のカメラを拝借し試合をみると、今までとはその競技が全く違うものに見えるのです。その理由は距離の近さと熱に圧倒されるから。そこから取材に通い詰めるのに時間はかかりません。一度選手と1対1でインタビューすれば、その選手が推しになり、1回でも対談と称し選手達の思いを聞いたならば、彼らの勝利を心の底から願うようになります。ホントです。


昨年の対抗戦の帝京大戦でトライを決めた齋藤直人前主将(現サントリー)ら
(早スポOG加藤千咲氏撮影)

仲間のこと

 しかし、早スポの良いところは行くも行かないも本人の自由だということ。取材に毎回いる人もたまにしか行かない人も様々です。私もアルバイトに熱中していたこともありましたし、テレビで試合を観戦していたこともあります。さらに、少なからずそのスポーツに興味がある人が集まって取材に行くわけですから、話が合わないはずもなく、仲良くなれないはずもありません。好きなものが同じ人と出会える取材は一石二鳥です。

新聞のこと

 そして、ここで私が声を大にして言いたいのは新聞を作ることだけがサークルの活動ではないということです。「早稲田スポーツ新聞会」と聞くと、お堅いサークルかなと思ったり、新聞作るのに興味ないしと思ったりします。実際、私もそうでした。けれど、私がこの1年間新聞制作に本格的に関わったのは一度だけです。新聞を作ることも本人次第なので自分で決められます。(余談ですが、新聞が完成して自分の関わった面がドーーーーと大量に刷られていく場面はプチ感動したのでぜひ体験してほしいです)


昨年のベストショット。間近で撮影できるのも早スポならではです。

早スポの勧め

  早稲田大学ラグビー蹴球部の優勝や、男子バスケットボール部がブザービートで逆転した試合。数少ない奇跡の瞬間を記録し、その感動を共有できる大学生活も悪くないものです。他人の幸せを自分のことのように喜ぶことができるというのはとっても素敵な経験ではないですか?

 ぜひあなたの選択肢に早稲田スポーツ新聞会を加えてみて欲しいなって思っています。