78478
平林幹太(商学部2年)

平林幹太(商学部2年)

やりきったと言えることを

はじめまして、商学部2年の平林です。予想できなかったこのような状況下で様々なことが前に進まず、新入生の皆さんには不安な気持ちが少なからずあるかと思います。サークル選びについては特に迷うことが多いと思うので、このブログが少しでも手助けになることを願って頑張って書きます!

バレーボールと関わり続けたい一心で

僕は長野県のヤバい高校から早大に入学しました。父親の母校ということもあり、幼い頃からエンジのユニフォームをテレビで、ときには現地に足を運んで観てきました。早大のスポーツへの親しみが、いつの間にか大学自体への憧れになっていたのだと思います。

中学・高校とバレーボールを続けてきて、できるなら大学でもバレーと関わっていたかったのですが、バレーは高校まででやりきったという思いもありました。そもそも実力も実績もなかった僕は体育会を志す選択肢は早い段階で諦めていました。

もちろん大学にはバレーができるサークルがいくつもあります。しかし僕は自身を形成してきてくれたバレーとは、あくまでも真剣な姿勢で繋がっていたいと思いました。そんなことを考えていた入学前、父親が薦めてくれたのが早スポでした。自分なりに活動の内容を調べてみて、求めていたのはこれだと確信したのですぐに入ることを決めました。


彼の地元・松本駅。ヤバい高校って言ってるけど文武両道の名門出身です。

最初の1年間を終えて

1年間を通して、希望していたバレーの取材に多く参加させていただきました。実際に体育館に行って、全力でプレーする選手の方々の姿を目にすると、心を動かされる瞬間が何度もありました。

それだけではなく、現役時代からの視点の変化や高いレベルでプレーする選手の方々から出る言葉によって、バレーという競技についてこれまでよりも深く知ることができた気がします。

そうした思いを込めて、頭をひねって書き上げたものは早スポを通して、一人の僕という人間が発信するよりも確実に多くの人の目に触れます。それは責任の伴うことではありますが、その何倍もやりがいを感じることです。選手の方々も見てくださっていることがあり、自分が撮った写真を選手の方から「良かった」と言ってもらえた時には、とても嬉しかったのを覚えています。


気づいた人いるかも。イケメンでした。

 

やりきったと言えることを

一度きりの4年間。終わった後に振り返った時、何かやりきったと胸を張って言えることがあればいいなと僕は思います。同時に、全ての大学生にそう言えることがある訳ではないのだろうとも思います。僕もまだ1年しか活動していないので大きな口はきけませんが、早スポに真剣に取り組んだ時間は、この先の人生で誇れるものになっていくのだろうと強く感じています。

頑張って真面目な文章を書いたので、実際に僕と会ったら笑っちゃうと思います。素敵な面々とともに、皆さんの入会を心待ちにしています!部員日記はこの後も続くので、色々な人の話を聞いてみてください。


今年3月、現2年の代で野球企画をした際の一コマ。右から4人目が平林。