長村部員日記用-1
長村光(政治経済学部2年)

長村光(政治経済学部2年)

大学生にしかできないこともある

なぜ早スポに?

ここらで自己紹介をしておこうと思います。僕は早稲田大学高等学院(通称“学院”)出身で、そのまま早稲田大学に入りました。いわゆる『内部』というやつです。

貴重な青春の3年間を男子校で過ごした僕はそれなりに女に飢えていました(クズ)。だからといって自分は陽キャではなかったので、彼女とかじゃなく普通に女友達が欲しいなというレベルでした。「そのためにはサークルめちゃくちゃ重要じゃね?」と思った僕はマイルストーンやSNSを活用して、良さげなサークルに目星を付けている間に、入学式を迎えました。

 入学式を終えた僕ら新入生に待っていたのはビラの嵐。(今年はこれができないのが本当に残念です。配る側やってみたかったー。)人混みがそんなに好きではないので、適当に大学構内を一周してそれなりの量のビラをもらい、家路につきました。

家でビラを整理していると、あるサークルに惹かれました。それが早稲田スポーツ新聞会だったのです。いつどこで、ましてや誰からもらったのか全く覚えていませんでしたが(なんなら2枚ありました)、とりあえずビラに載っていたSNSを見てみました。すると、各部活のかっこいい写真だけでなく、1サークルとしての楽しそうな写真もあり、「いや、俺が求めてたのこれやん!!」と思いました。

 その後は食事会に2回参加し、どちらも学院出身の先輩と同じ卓になり、とにかく優しくしていただきました。僕はチョロいのでこの時点でほぼほぼ入会を決めていましたが、体験取材や野球の早慶戦にも行くことにしました。この2つのイベントを通して、試合中の写真撮影や新聞配りなど、いわば早スポの『根幹』とも言える仕事を体験させてもらい、「なんかサークルというより部活っぽいな」と思いつつ、自分はさらに早スポに惹かれていきました。長くなりましたが、これが僕が早スポに入会した経緯です。


学院時代の長村光。現在の彼と大差はない。

早スポでできること

高校時代帰宅部だった僕は、何にも縛られない生活を送っていました。その中であることに気が付きます。

「あれ、俺ってスポーツがないと生きていけないんじゃね?」

部活がないと17時くらいに家に着くわけですから、18時プレーボールのプロ野球は毎日のように見ていた気がします。なので、「大学ではスポーツに関わることなんかしたいなあ」と漠然と思っていました。今思うと、僕は早スポに入る運命だったのかもしれません。

 前述したように、そんなこんなで僕はラクロスの体験取材に参加しました。そこで2つの大きな衝撃を受けることになります。

1つ目は写真撮影。どこで撮るのかなーと思いつつ先輩についていくと、気づいたらピッチのすぐ横にいました。「マジ?そんなことある?」ベンチよりも近くで観られるのはかなりの驚きです。試合を間近で観るワクワクと、初めて一眼を持ったドキドキで胸が高ぶっていました。動き続ける選手を写真に収めるのは至難の業でしたが、とても楽しかったのを覚えています。

2つ目はインタビュー。この時は僕ら新入生は近くで見ているだけでしたが、とても印象に残っています。自分で選手に合った質問を考え、インタビューする先輩の姿。ついさっきまで試合をして全身ボロボロにもかかわらず笑顔で取材に応じる選手の姿。普段は同じ早稲田大学の学生でありながら、試合になると『追う側』と『追われる側』になるんだなと感じさせられました。この時の感情をうまく言葉にできないのがもどかしいですが、スポーツ好きの僕にとってはただただ良いなあと思いました。(その試合の記事はこちらから!

 ここまで紹介したように、早スポでは、選手たちの活躍を間近で見ることができます。部活動に励む大学生を僕ら大学生が追いかける、というのはもちろん大学生でないとできないことですから、本当に価値があると思いますし、これが早スポの強みではないかなと思います。


昨年の夏合宿にて。体育館でのレクの様子です。

さいごに

ここまで読んでくださったそこのあなた、本当にありがとうございます。ここまで読む人は既に早スポにかなり興味がある人なんじゃないかと思いますが、この部員日記を読んで誰か1人でも「早スポ楽しそう!」って思ってくれたらとても嬉しいです。

 サークル選びは、『居心地の良さ』が本当に重要です。早稲田大学には約5万人の生徒がいるので、必ず1人は自分と同じ境遇、価値観を持っている人がいますし、その人に適したサークルもきっとあります。自分は早スポに入ってかけがえのない友達に出会うことができましたが、元々入ろうと思っていたわけではありませんし、あの日ビラをもらっていなかったら入っていなかったかもしれません。だから、今は特定のジャンルにこだわらず、いろんなサークルの情報を集めてみることが大事かなと思います。

 あなたが居心地が良いと感じるサークルと出会えることを願っています。もしそのサークルが早スポだったらなお嬉しいです。一緒に活動できる日を楽しみにしています!部員日記3日目もお楽しみに~~!