S__102719492
山床啓太(社会科学部2年)

山床啓太(社会科学部2年)

ある早スポ部員の1日

皆さんこんにちは。社会科学部2年の山床啓太と申します。まずはこの画面を開いていただきありがとうございます。今回は皆さんに早スポってこんな感じなんだよってことで、僕のある日の取材の様子を紹介しようかなと思います。

(ちなみにこれ今野球見ながら書いてるんですけど、藤岡がたった今ホームラン打ちました。鳥谷の加入で火がついたのでしょうか。なんにせよ藤岡の覚醒に期待したいですね。)

取材ってこんな感じ!

※2月某日に行われた取材です。時間が少し曖昧なのですが、そこはご容赦ください。

9:00頃 取材開始

 今回はテニスの関東学生新進選手権の取材です。この大会は複数会場に分かれて試合が行われるのですが、僕は慶大日吉キャンパスでの試合の担当です。取材メンバーの先輩と合流して取材スタート!

試合を見ながらメモを取る

 今日は僕が記事の担当なので、試合を見ながらゲームカウントやプレーの様子などをノートにメモしていきます。テニスに限らずそうなのですが、レベルの高いプレーが間近で見られるのはやはり楽しいです。


試合展開のメモの例。Kがサービスゲームをキープ、Bがブレークを表しています。

15:00頃(たぶん) 選手にインタビュー

 記事のために試合を終えた選手にインタビューします。聞く内容は主に試合の振り返りや次の試合に向けた意気込みなどなど。今日はシーズン初めの試合だったのでオフシーズンの取り組みなども聞きました。オフシーズンは体づくりに取り組んでいたようで確かに昨年のリーグ戦の時よりも体ががっちりした感じがあってすごいなあって思いましたね。インタビューの内容は文字起こしして全文をホームページの記事に載せます。

15:30頃(たぶん) 取材終了

 今日は全部で4試合だったためこの時間で取材終了です。帰りの電車の中ではノートを見返しながら記事の内容を考えたりしてました……と言いたいところですが爆睡しました。

記事を書く

 家だとあまり集中できない人間なのでいつも作業に使っているカフェに行きました。メモとインタビューをもとに試合展開やプレーの様子などを文字にしていきます。出来上がった記事はチーフに送ってチェックしてもらいます。僕が送った記事はどうも文字数が多すぎたようでチーフに少し削ってもらいました。複数会場に分かれてるのに日吉での試合分だけ内容が多すぎたら確かにおかしいですね、反省です。あとはチーフ(または早スポのホームページ班の人)が記事をホームページにアップして今日は終了です。

取材がある日の1日の流れはだいたいこんな感じです。記事を書くのは責任が伴いますし、大変ですが出来上がった時の達成感は格別です。そして「もっといい記事を書きたい!」というモチベーションにもなります。ちなみに余談なんですけどこの大会は男子シングルスの部で早稲田の選手が優勝しました。決勝の日も取材に行きたかったんですけど、大会4日目ぐらいに胃腸炎にかかってその後の取材には行けませんでした。無念……。


甲子園ボウルに行った時の写真。アメフトは取材に行くようになって好きになりました。 

取材、楽しいよ!

いかがでしたでしょうか?早スポの醍醐味はやっぱり取材だと思ったので僕の取材の様子を紹介させていただきました。参考にしていただければ幸いです。取材はやっぱり楽しいです。選手のすごいプレーを見てかっこいいなあって思うし、歓喜の瞬間を間近で共有できます。今は新コロのせいで大会がなくなって試合の取材ができていませんが、またいつか取材ができる日が来ることを楽しみにしています。もちろん新入生の皆さんと会える日も!最後まで読んでいただきありがとうございました。